留学してみたいけど、どの学部にいけばいいのかわからない?留学生が後悔しない学部の選び方を教えます。

留学してみたいけど、どの学部にいけばいいのかわからない?留学生が後悔しない学部の選び方を教えます。

✅この記事でわかること

・大学留学を決めた後の、学部の選び方

✅この記事が役に立つ人

・大学留学してみたいけど、どの学部に行けばいいのかわからない人。
・本当に今決めている学部でいいのか自信がない人/不安な人

留学はしてみたいけど、どの学部に行けばいいのかわからない・・・という悩みを持っている人は多いのではないですか?

私も実は、留学しようと決めたときに、そのような悩みをもっていたので、あなたが悩んでいるのは普通の事なので、まずはそこまで追い込みすぎないでくださいね!

誰しも一度はぶち当たる壁です。

わたしは某留学エージェントを使ってマレーシアに来たのですが、留学相談1時間5万もとられて学部選びのアドバイスは全くもらえませんでした。
ただパンフレットを渡されて、学校の説明をされただけでしたので、エージェントに頼るのはお勧めしません。

それではどうやって、学部を選んでいくのかを教えます。

まずは、理系か文系を選ぶ

・高校で文系を勉強していたから、理系にはいけないなぁ・・・
・高校で理系だったから、文系の学部には入れないなぁ・・・

なんて、思っている人もいると思いますが、きほん自分が学びたい学部で学べます。

私は実はいま物流管理という文系学部で勉強をしています。もともと高校生の時は理系だったので、バイオテクノロジーも勉強してみてもいいなぁと思っていました。

なので、こんな風に180°文系と理系が変わってもしまってもOKです。

今まで自分が勉強してきたのが文系だから文系の学部じゃないとダメ!というのはありませんし、逆に理系だったから文系を選んだらダメというのもありません。
日本では文系は絶対に文系学部!みたいな決まりのようなものがありますが、海外にはそういったものはありません。

その代わり、学部入学前に準備コースを卒業しなければなりません。言い方を変えれば、誰にでも勉強するチャンスがあるともいえるかもしれません。

大学留学で文系→理系に変えるなら・・・

ここで文系と理系について、疑問に思った人もいると思います、

理系から文系への変更は、特に準備の必要はいりませんが・・・
文系から理系への変更は、特別な準備が必要です。

例えば、数学、物理、生物、化学全てにおいて基礎以上のレベルでの理解が必要になってきます。
ですが、心配しなくても大丈夫です、ファウンデーションコースといって大学進学準備コースというのがあるので、そこでしっかり勉強して、入部条件を満たす成績をとれれば、問題なく入学できます。

ですが、元理系の私が助言をするなら・・・
軽い気持ちで理系に行こう!と思っているならもう一度考え直してください。理系はただでさえかなり難しいのに、そこに英語での勉強になります。テストでは、計算はもちろん、今まで習ってきた公式や、理論を使って問題を解いていかないといけません。

例えば物理なら・・・数学だけできればいいわけではありませんし、物理だけができればいいわけでもありません。物理の知識と数学の知識を使って問題を解いていくのです。

一見簡単そうに聞こえる生物(遺伝子とか)も、化学の知識が必須になってきます。アミノ酸の化学構造を書いたり、化学構造をもとに問題に答えたりなど、かなり難しいです。

決して、脅しているわけではありません。あなたの理系に対する思いを確かめたかっただけです。

具体的な選び方

①あなたの将来の夢、こうなりたい!という像は何ですか?

もしも、あなたの将来の夢がマスコミ関連の仕事に就きたいとしましょう。あなたは大学で金融学を学ぶことで、その夢に近づくことができますか?
たぶん、金融学をとってしまったとしたら、 3 年後のあなたは『マスコミ関連の仕事に就きたい!』という夢に近づないです。

なので、将来自分がやりたい職業や、なりたい自分の像をできるだけたくさん見つけましょう。もしも、文系の学生で、理系の学部に関連すた将来像があれば自分の中でもう一度よく考えましょう。
自分にどれだけの覚悟あるのか、自問自答して答えを出しましょう。

夢は夢でも『将来お嫁さんになりたい!』というのは、もちろん無しですよ(笑)

この第一段階さえできれば、もう学部は決まったも同然です。

②次にその夢を実現できそうな学部を全て書き出す

何を選んだらいいかわからないという状態って、実は学部の情報が不足しているだけなんです。なので、どんな学部があって、自分の夢の実現に関係のありそうな学部があるのかを大学のホームページで調べてみましょう。
例えばUCSI大学ならここから調べられます→UCSIの学部

たくさんの学部があると思います。ですが、文系か理系かが決まっていて、将来のなりたい像があるならば10分もあれば書き出せると思います。

希望の学部が2つか、それ以上選べましたか?もし『1つしかみつからなかった。』というようであれば、UCSI大学以外でも、学部を探してみてください。

なぜ、2つ以上選んでおくといいのかというと、当たり前ですが2つあれば選ぶことできるからです。消去法ではなくなることが大切なんです。

心理学的に、消去法で選んだものよりも、2つ以上の選択肢の中から選んだほうが最後までやりきる可能性がグンと上がるからです。

③書き出した学部の卒業後を想像する

例えば、私の場合は貿易・物流関連の勉強をしているので・・・

『卒業後は、商社や、貿易、倉庫管理、物流に関係した仕事を探すことになるんだろうな。』

と入学前の4年前に想像していました。

先ほど選んだ学部が、自分の将来を想像することができますか?夢の実現に近づけていますか?もしその想像した将来と自分の夢が一致していれば、その学部があなたが本当に勉強してみたい学部です。

夢もない、とりあえず大学留学したいっていう人

そういう人には、残念ですがあまり留学はお勧めできません。誰でも一度必ず、留学中に何かしらの壁にぶち当たってしまい、『留学やめたい、日本に帰りたい。』という時期が訪れます。

そんな時に、『もう少し踏ん張って頑張ってみよう!』と自分を奮い立たせてくれるのは【夢を実現させたい!】という強い思いだけなんです。

『とりあえず大学留学してみたいから留学してみよっ!』

という人の場合、留学した時点でその目標を達成してしまい、満足してしまうからです。

夢や目標、将来の理想像のために頑張っている人と比べると明らかに最後の踏ん張り、貪欲さに欠けます。もちろん、そういう人が絶対に留学に失敗するとは言いませんが、留学を成功できる可能性は限りなく低いと思います。

なので、もう一度自分を見つめなおしてみましょう。夢がないなら子供のころに自分がなりたいと思ったものを思い出してみてください。絶対に見つかります。

それでも夢が見つからない・・・けど留学したい人へ朗報!

それならとりあえず、『つぶしの利く学部を選びましょう!』なんて、突き放したりしないので安心してください(笑)

日本の大学と違い、学科を途中で変えること容易にできますので、とにかく文系か理系だけは決めてください。それさえできれば、現段階ではどの学部を選んでも大丈夫です。

ですが、自分に甘えてどの学部にするかの決断を先延ばししてはいけませんよ。

⚠注意しないといけないこと⚠

・学科を変える際に必須科目の単位移行をしないといけない。
・学部変更の手続きをしないといけない。

・必修科目(1年目の教科)以外は取らない。
期限は1年まで!(ぎりぎりより、早めのがいい。)

これは私の学部の年間予定表です。
ここにあるYEAR 1 という欄の科目は基本的に、学科を変更しても単位の移行ができます。YEAR 2 になると、専門科目になるので、変更した学部によっては単位移行ができないので、1年目の科目だけとるようにしましょう。

学部選びで個人的に私に相談したい人はこちらからお申し込みください。ライン電話、またはメールにて留学相談にのります。

まとめ

今回は学部の選び方について解説してみました。どうですか?勉強してみたい学科は決まりましたか?

きっと決まったと思います、仮に決まっていなかったしても学部の選び方はわかってもらえたと思います。