【マレーシア大学留学】失敗しない方法~これさえできれば成功は近い!~

【マレーシア大学留学】失敗しない方法~これさえできれば成功は近い!~

こんにちは、トムヤムクンです。

留学を成功させる方法と聞くと『英語をどれだけ早くに習得できるか』にかかっていると思っている人がたくさんいると思います。

もちろん、それも大切ですが、実は一番大切なのは『どれだけ早く親しい友達を作ることができるか』にかかっていると私は思っています。

確かに、日本人がたくさんいる大学に行けば話は別で、外人の親しい友達を作る必要性は減ると個人的には思います。なぜなら、何か困ったりしたときになんのストレスもなく尋ねられるからです。

でももし日本人がいなかったら、そういうわけにはいきません。

なので、今回はなぜ早くに親しい友達を作ることが大切なのかについて書いていきたいと思います。

留学の最大の敵である孤独に打ち勝つ

私はなかなか親しい友達を作ることができませんでした。そうです、いわゆるボッチになりました。

日本にいたときは、いつも他愛のない話をする友達が学校に行けばいましたが、マレーシアの大学に入ってからは学校に行っても一人、家に帰っても一人なんていう生活を繰り返していました。

 

例えば、日本の学校でいじめられて無視されていたとしても家に帰れば家族が出迎えてくれます。私が実際にそうでした。

高校を卒業してすぐに、マレーシアに1人できて友達ができず、さらには家に帰っても家族がいない。ご飯も一人で外食をして、洗濯を自分でして干してなんていう生活を何年も続けていました。

正直、かなり病んでいました。けど家族や日本の友達には迷惑かけまいとそんな素振りは一切見せませんでした。そういうったものの積み重なってか、髪の毛を洗うとすごい量の髪の毛が毎日抜けたりしていました。

それを見て、また苦しくなったりもしました。

ですが、去年部活に所属してから大きく留学生活が変わりました。毎週練習を3回、みんなが毎回練習後にご飯に誘ってくれました。練習がなくても、ご飯に行くか?と連絡してくれる友達もいました。

それからというものの、毎日が楽しくなりました。友達ができていからは昔のようなひどい孤独感には襲われることはなくなりました。

きっと、たぶん想像はできないと思います。私自身もそんな弱い人間ではないと自負していましたが、結果すごいどん底に落ちました。

たぶんきっと、日本の友達がこのことを聞いたら、『嘘だろ(笑)』とみんないうと思います。トムヤムクンに限ってそんなことないだろ、コミュ障じゃないだろなんて言われて信じてもらえないと思います。

どんなに普段明るい性格でも、あなたも孤独になる可能性は十分にあります。

助けてくれるのはネットじゃない

今はネットが普及たため、昔と比べれば孤独に耐えられずに日本に帰ってくるという人は減ったと思います。

日本人がいなくても、YouTubeを開けばいつでも日本語やアニメが見れますし、AbemaTVやNetflixなどで日本の番組や映画をいつでも見れます。
なのでどんなに孤独に陥っても、それを見て一時的に解放されることはあっても根本的な解決にはなりません。

実際に私も、ずっとネットばかり触っていた時期がありました。たしかに、見ているときは自分の置かれている状況を忘れることができて、すごく楽な気分になりましたが、結局はなにも解決はできていませんでした。

『むしろ、何やってんだろう。』と自分を責めてしまいもっと落ち込むことも少なくはなかったです。

孤独を解決してくれるのはやはり人です。人しかあなたの悩みを聞いてくれませんし、人とつながりがなければ孤独を感じるのが人間です。
もし今、ネットに頼ってしまっているなら、まずは何でもいいので興味のある部活を見つけて入部してみてください。最初はもちろん、そんなに会話ができないかもしれません。

日本人は仲良くなるまでに外国人と比べて時間がかかる人る人が多いと思います。
それが普通です、周りがすぐに溶け込んでいるからと言って落ち込む必要はありません。私も今では仲のいい友達ができましたが、3か月ほどはただひたすら部活に行っては練習していました。

いつか、慣れます。私も慣れるまで時間はかかりましたが絶対に友達は見つけられます。共通の趣味や話題があるだけでも今の状況を少しずつ変えることができます。

 

よく考えてみて下さい、高校の時は友達何の話をしていましたか?部活の話や、好きな女優や俳優さん、昨日のテレビや授業、先生などなど、共通の話題があったはずです。

話のタネさえあれば、あなたも必ず友達ができます。その第一歩として部活動に入ってみるというのは私はありだと思います。

まとめ

留学では今までの当たり前が、当たり前ではなくなります。毎日当たり前のように会っていた家族に会えなくなるってどんな気持ちになるかはわからないと思います。
友達に会えない、友達と喋れないってこんなにつらいことなんだと実感すると思います。

だからこそ、留学で大切なのは『どれだけ早く親しい友達を作るか』が重要になってくると私は思っています。もちろん、英語の勉強も学校の勉強についていくためにはすごい大切です。
やらなくていいということではありません。けど、重要度で例えるなら、英語の勉強をするのと同じくらい友達を作ることも大切なんです。

留学と聞くと、英語の勉強についていけるかな?なんて心配が一番多いと思いますが、私は留学する前にもっと親しい友達作る大切さを知ってもらいたいです。

留学すれば、今の自分の身の回りの当たり前はすべてなくなります。その辺りのことをしっかり考えてから留学を決めるのも遅くありません。留学で精神的にやられて日本に帰る人もかなりいます。

今回は留学においての友達の重要性について書いてみました。留学で友達ができれば、留学を成功させることができると思います。
勢いで飛び出してみるのも大切ですが、留学を成功させるには友達作りが大切であるということを心にとめて、世界に飛び立ってくれると嬉しいです。

 

個人的に私に留学相談したい人はこちらからお申し込みください。ライン電話、またはメールにて留学相談にのります。