海外旅行で絶対に必要になるもの!

海外旅行で絶対に必要になるもの!

こんにちは、トムヤムクンです。

トムヤムクンは実は旅行で行った国の数は少ないんです。

マレーシア、タイ、ラオス、シンガポール、オーストラリア、グアムくらいです。

オーストラリアや、グアム、シンガポールで不便に感じたことや、これ持ってこればよかったなぁ。なんていうイメージはほとんどないのですが、他の国ではけっこうあります。

そこで今回は絶対に持っていたほうがいいものを紹介していきます。

現地で売っていない必須なもの

1位

ボディーシート!

実はマレーシアでは薬局やスーパーに行ってもボディーシートを見たことがありません。日本では薬局に行けば売っていないなんてことは無いと思いますが、きっとアジア圏では売っていないと思います(マレーシアでは売っていないと思います)。

とても暑いのに気になったときに汗を拭けません。タオルで拭いても、ベタッとしたあの何とも言えない感じが残るのがイヤだ!という人は買っていくのがいいと思います。私は日本に帰るたびに購入するくらいです。

香水を使う人は香りがケンカしないように無香料の物がエージーデオ24無香料が私のおすすめ。殺菌力が強く、私が今まで使ってきた中では一番も消臭効果が高いです。

2位

水に流せるポケットティッシュ!

マレーシアや海外のトイレでトイレットペーパーが毎回あるとは限りません。かと言って、近くに葉っぱが生えているわけでもありませので、ポケットティッシュを持っておく必要があります。

3位

トイレ関連で便座を拭くための便座除菌クリーナーです。正直に言って、トイレは汚い場合が多いです。あと、トイレの文化が違うと、ヨウを足した後はどのようにおしりをきれいにしているかは違ってきます。

マレーシアの場合、清掃は清掃ではありません。水を地面に流して、洗っているようには見えないブラシで水をなぞるような掃除をします。こすって汚れを落とす概念がありません。

なので、本当にトイレがきれいなのかは不明です。日本は本当にトイレがきれいですので、便座除菌クリーナーが必要になるなんて想像できないかもしれませんが、海外ならトイレが汚いことはけっこうあります。だからこその便座除菌クリーナーです。どの国に行っても、絶対に便座除菌クリーナーがあって困ることはありません。

※手でおしりを洗っている国があると聞いたことってありませんか?国によっては備え付けのホースから水をだしておしりをきれいにしています。なので水が飛び散っている場合もあるので便座除菌クリーナー必須です。

買って行くと便利なもの

1位

モバイルバッテリーは必須です。皆さん持っていると思いますが、容量足りていますか?写真を撮ったり、ムービーを撮ったり、グーグルマップを開いたり、お店の情報を調べたりなど、確実にスマホを使う頻度は普段よりかなり多いです。

空港でも、飛行機の待ち時間で触っていると予想以上に充電を食ってしまって、現地ついてからや、帰国して付いたのは良いけど、充電なくてインスタ投稿できない。Twitterに投稿できないなんてことにもなりかねません。

スマホの充電次第で、あなたの旅が変わってくるとも言えます。海外でスマホの充電がなくなってしまったら、ホテル帰ってくれますか?スマホのバッテリー状態は旅行において一番重要です。

私のおすすめはAnkerのモバイルバッテリーです。このモバイルバッテリーは、iPhoneやスマホを5回もフル充電できるのにも関わらず、たったの180gなんです。実はリンゴ1個が250gくらいなので、リンゴ1個よりもはるかに軽いんです。さらに手のひらサイズなのでカバンに入れてもかさばりません。

2位

アイマスクはあると何かと便利なものです。飛行機の中などの移動中や、太陽が照っている時間帯でバスに乗るときに光を遮断できます。電気がついていると体の疲れもとれないと科学的にも言われいます。海外旅行以外でもアイマスクは普段の生活でも使機会が多いので、一つあるといいです。

このアイマスクはフィット感がすごい良いです。しっかりフィットするので、光もしっかり遮断してくれます。肌触りが、とてもやわらかいので心地よく眠ることができます。フィット感があるのに、目元に空間ができている構造のため、他の今まで使ってきたアイマスクと違って、目が圧迫される感覚が少ないのも魅力の一つです。

 

3位

耳栓も活躍の機会がたくさんあると思います。飛行機の中で私はよく使う機会が多いのですが、『まぁとにかくうるさい』子供や、若造がいるときがあります。マレーシアでは、子供がスターバックスで走り回っていても注意することはめったにないですし、うるさくてもほとんど注意しません。

耳栓はアイマスクとも相性抜群ですよ。もちろん、イヤホンで音楽を聴くっていうのもいい方法です!

※これ実は私が受験期から愛用している耳栓です(笑)こちらに来てからも、テスト勉強するときはこの耳栓とともに頑張っています(笑)

まとめ

上記以外の物は実際に海外でも売っているものばかりなので、日本で無理して買っていって荷物にする必要もありません。

スースケースに無理やり入れて行くと帰ってくるときに大変です。帰りの方が確実に量が増えているので、入りきらないなんてことにもなりますよ。

ひとつの考え方として、現地で安いものを買って代用して、現地で捨ててくるというのもありですよ。