これだけはやっておけ!~留学前の準備~

これだけはやっておけ!~留学前の準備~

こんにちは、トムヤムクンです。

最近は夜中に中華料理屋に行っては、毎回マーボー豆腐を二つ注文するか、麻婆豆腐と豚肉の炒め物をお持ち帰りする生活をしています。本当に気を付けないとすぐに10キロ太りますよ(笑)

本当にすぐに体重が増えていきますよ、ストレスたまってバクバク食べてると本当にあっという間。実際に私も日本にいたときよりはるかに太りましたし。。。

はい、今回は留学準備編です。

レベル別で決まる

 

英語の準備は、現在どのくらいのレベルで理解ができているかで決まってきます。
人それぞれ、今すべき準備、勉強というのはやはり違ってきます。

例えば、全くやっとことがサッカーをトムヤムクンが始めるときにまず必要なのは、リフティングやパスの練習になると思います。
試合にいきなり出ても、技術はなかなかうまくならないと思います。しかし、逆にサッカー歴1年のツバサ君は、練習で身に着けてきた自分の実力を実際に試してみる必要があります。

このように、今のあなたの英語のレベルによってやるべきことは変わってきます。

私は二つのグループに分けられると思います。

まず第一グループは文法がまだ身についていないグループ

第二グループは、文法が分かるグループ

実はトムヤムクンは、英語が大の苦手です。
センター試験でも半分がやっとというレベルでしたが、今現在なんとかやっていけるレベルまで来れました。センターの点数などで決めてもいいのですが、今回は点数をまずは取っ払って、文法ができているかできていないかで分けました

※第二グループには、テストで点数とれないけど辞書があれば長文が読めるという人も含みます。

第一グループ必須

①文法

第一グループの人はまずは、文法に重点的をやってください。
ですが、日本の文法テストみたいな問題は大学の勉強では聞かれことは100%ないので暗記はしなくていいです、しっかり理解しましょう。
理解できない場合は、まずはそういうものなんだ!と割り切って次に進んでいきましょう。次に進んでいくにつれて、急にわかることもあります。

なぜ、文法が大切なのかというと、そもそも大学に入ると、日本の英語のテストとはまったく違って、テストは全部英語で記述です。
センター試験などとはちがって『どっちの文章が文法的にあっていますか?』なんて問題はありません。
つまりは、どれだけ問題文を理解できるかがテストでは大切です。

※おすすめ文法書は後で載せます。

問題にこたえるためには、教科書を理解することが大切です。
テストとは、授業でやったこと、教科書に書いてあることをどれだけあなたが理解できているか、覚えているかの確認です。
教科書を読んでもわからないとなるとかなり厳しいです。なので私は、文法は大切だと考えています。

たまにテストで、case study(ケース スタディー)というものも出ます。

ケーススタディとは、例えばどこかの会社は○○という経営戦略をとったら、△△△という問題に直面してしまいました。あなたが、この会社にアドバイスを送るとしたら、どんなアドバイスを送りますか?

のような問題が出ます。

この問題にこたえるためにはもちろん単語もすごく大切ですが、この文章をまずはしっかり理解をすることがポイントになってきます。
理解ができないと、適切な答えを導くことができません。

例えば、どこが形容詞で修飾しているのか、どこが動詞なのかなど、を瞬時に判断しないといけません。時間も限られているので。。。

おすすめの文法書&使い方

トムヤムクンが使っていた文法書はForestなのですが、販売を中止てしましたが、後継版としてEvergreenが新たに2017年から発売されています。

この文法書はすごくわかりやすく文法を説明してくれます。この文法書が一冊あれば他にはいりません。
個人的には、わからない文章が出てきたときに辞書のように使うのがおすすめです。
しかし、そもそもその文法の知識がないと辞書的には使えないのでまずは、しっかり読んで理解しましょう。

例えば、今日は1章を読もう!明日は2章!のように、一日1章のペースで理解を深めていくといいです。
一回目読んで理解していれば、二週目からは理解の怪しい章だけを読んでいきましょう。

この文法書がおすすめな理由は、日本人ではわからない、’英語’ の見えない背景をくわしく書いてくれているのが、他の文法書にはないこの文法書のいいところです。
図でも説明しているのですが、その図がまたあなたの理解を助けてくれます。例えば、現在完了形などの少しややこしい文法はEvergreenが一番わかりやすい説明をしてくれています。

正直、この一冊だけで文法はカバーできます。本の端っこをガムテープで覆わないといけないくらいになるまで読み込んだおすすめの一冊です(笑)

第一グループ+第二グループ

②単語

次にもちろん単語。まずは1冊、自分に合った単語帳をマスターしよう!これが単語を覚える上で一番大切です。

きっと、文法が苦手という人は、英語がすこし苦手というトムヤムクンみたいな人だとでしょう。
『やってるのに全然覚えられない!』なんて人が多いと思います。

私も同じで何回も単語帳をゴミ箱に捨てようするものの、捨てきれずになんだかんだ言ってもいまだに近くに置いてあります(笑)

なので、私はまずあなたに基本の単語帳をお勧めします。
苦手な人にとって見たこともない単語がズラッと並んでいるとやる気が起こりませんよね。いきなり難しい単語帳だと終わりの見えなくて長続きしません。

あと、英語に拒否反応がある人で、燃え尽き症候群の人や飽き性の人には、まずはなるべく基本の単語帳がおすすめです。(この性格って実はトムヤムクンそのものです笑)

トムヤムクンも実際にこの単語帳を高校の時に使っていました。まずはこの一冊を死ぬ気で覚えてください。この単語帳は、あくまでも基礎中の基礎という意味でですよ。

システム英単語Basic (駿台受験シリーズ)

8割覚えられたらすぐにIELTS系の勉強を始めましょう。マレーシアの大学はIELTSのスコアが必要になってきます。IELTSはこの単語帳を使っていました。

実践IELTS英単語3500

この単語帳のいいところは、他の単語帳と比べて単語の類義語がすごく見やすい位置に載っているので、実際に役立ちました
『あれ、似た意味の単語前やったなぁ』って思った時に、意味の欄に類義語載っているのはすごく助かりました。これが本当に助かるんです。

類義語を知っておくと、IELTSのリスニングやリーディング、スピーキング、ライティング、すべてのセッションで点数が非常にとりやすくなります。
なので、類義語が見やすいっていうのはすごく重要なんです
同じ言葉を使うのはかなり嫌われます。

※kindle版では練習したことがないのですが、仮に単語帳を家に忘れてしまったとしても、スマホさえあれば勉強できるのは結構いいと思います。

他にも、ちょっとした空き時間にスマホから単語の勉強が、どこからでもすることができるので興味ある人は使ってみてもいいかもしれません。時間がないと言いながらもスマホを触ってしまう時間ってありますよね?(笑) スマホに単語帳あれば、その時間を単語帳にあてられますよ。

③長文を読む練習

第一グループの、英語がすごく苦手なあなたが上の二つで手一杯であれば、長文を読む練習を無理にやれとは言いません。
とりあえずは、文法を理解しながら、単語を覚えることに集中してください。第二グループの方は、やることをお勧めします。

実際に留学するとすごい量の長文を読むことにもなるので、練習という意味ではやっておくに越したことはないです。私の経験をもとにすると、留学した後ってなかなか単語や文法だけを練習する時間ってあまりありませんでした。

④無料のオンライン英会話で外国人と英語に慣れる

留学前の人に大切なのは、まずは『外国人の人と英語で話すことに慣れる』ことが重要です。オンライン英会話の無料体験の受講がおすすめ。私が留学前にしておけばよかったなぁと思うもの、第一位が『英語で実際に外国人と話す練習』です。私はいきなり外国人を前にして、すごい緊張しました。留学成功を左右するといっても過言ではないです。

無料体験できるあなたにおすすめのオンライン英会話

まずは2年連続オンライン英会話で最優秀賞受賞を受賞したオンライン英会話No,1のレアジョブ英会話

25分×2回分が今ならネイティブスピーカーの先生と無料で英語で会話できます。もし、継続したとしても25分がたったの129円~なのはかなり良心的です。英会話に通うと1月4万以上ですので、どれだけレアジョブ英会話がかなり安いのかが分かります。

※37秒から見るのがおすすめ

 

次におすすめなのはいつでもどこでも英会話のレッスンが受けられるネイティブキャンプ

おすすめ理由、今だけネイティブキャンプの英会話レッスンを無料で 7 日間のサービスを受けられます。

 

どちらも無料で英会話が今なら体験できるので、ぜひこの機会に英語で話す練習や、留学準備の一つとしてぜひ利用してください。日本ではなかなか英語を話す機会はありません。あなたは今まで外国人と5分以上でも話す機会ってありましたか?

TOEIC高得点者の多くが英語が話せないのは、実は英語を使って話すのに慣れていないだけなんです!この無料体験のキャンペーンを利用して、英語を使うのに少しずつ慣れましょう。

基礎が大切な理由

基礎の基礎が大切と何度も言ってきました、まずは文法!次に単語!のように。

ではなぜ基礎が大切なんでしょうか?

例えば自転車、あなたはいきなり2輪で自転車を乗れましたか?まずは、4輪車にのることから始まりましたよね?次に3輪車、最後に2輪車というように順番に練習してきたと思います。

もし、いきなり2輪車から乗っていたらどうなっていたでしょうか?

確実にこけてケガをしていると思います。
英語も同じでいきなり、基礎である文法をやらずに長文や留学をしたとしたらどうなると思いますか?

英語の場合は、心にケガをしてしまします。ひどいと英語恐怖症、英語拒否症になります。
実際に私もそうでした。学校のレベルについていけなくて、長文長文長文みたいな授業で英語なんて聞いたら、体が自然と拒絶していました。

そうならないためにも、まずは英語のルールを勉強して、単語勉強することが大切なのです。
留学することを決めている人なら、オンライン英会話を利用して英語を使う、しゃべるという基礎をしっかり作っていくことが大切なのです。

まとめ

あなたが、すでに留学を決めているなら英語に慣れる練習して