【留学体験談】マレーシア人の友達の新築パーティーに呼ばれた、パーティーの規模の違いにびっくり。

【留学体験談】マレーシア人の友達の新築パーティーに呼ばれた、パーティーの規模の違いにびっくり。

こんにちは、トムヤムクンです。

知らない人も多いと思うのんですが、マレーシアって実は、雷の数がすごく多いんですです。日本でイナズマを見る機会ってあまりないと思うのですが、マレーシアで生活しているとイナズマに出くわす可能性が跳ね上がります。

雷が鳴っているときにどうしても外を歩かないといけない場合は、雷の音と光の時間差をしっかり測りましょう。光ってから雷の音がするまでの時間差が長い場合は、雷はあなたのいる場所からわりと遠くにありますが、時間差が短ければ短いほどあなたの近くで雷雲があることになるのでその際は、雷に細心の注意を払って外に出てください。

ではなく、室内で雷が遠くに行くのを待ちましょう。雷の速さには人は勝てませんよ(笑)

それでは6月30日に行った友達の家の新築パーティについて書いていきます。

新築パーティの規模ってどれくらい?

あなたは友達に『新しい家が完成したから、パーティー来ない?あ、でも誰にこのこと言わないでね、親しい友達しか呼ぶ予定ないから。』って言われたら、どのくらいの規模を想像しますか?

私は最初はこんな感じで少人数で食事をするのかと思ってました

いわゆる、一般的なホームパーティーかと思っていましたが、ふたを開けてみればテントを5つくらいはってほぼ席は満席というすごい人の数でした。


この写真だけでテントは4つなんですが、実は右奥にもテントは広がっています。道路を貸し切ってのパーティー。いつもみたいにただ飲んで、ご飯を食べるだけと思ってたので、髪の毛はぼさぼさ、服もちゃんとした格好ではなく、かなり恥ずかしかったです。

もし、皆さんも新築祝いにマレーシア人の友達に誘われた際は、かなり規模は大きいことが予想されるので、服装や身だしなみをしっかり整えて行くことをお勧めします(笑)

これぞ、多民族国家マレーシア !

今回のメンバーは中華系のマレーシア人と、マレー系のマレーシア人、インディアン系のマレーシア人、そして唯一の日本人の私を合わせて約16人かな?

マレーシアの人種全員集合!

主にどんな話していたのかは覚えていないんだけど、とにかく楽しかったのは覚えている。

海外で乾杯するときは
cheers(チアーズ)🍻
が合言葉だよ。覚えておくといいかも!

夜食にディムサムを食べにパーティーを後にする

だいたい私が着いたのは夕方の7時くらいで、パーティー会場を出たのが午前2時なので、約7時間くらいずっと飲んでは、食べてわを繰り返していました(笑)

夜食を食べに行こうとディムサムという中華料理を食べに行きました。なぜかわからないけど、店内の方がクーラーがきいていて涼しいのに、なぜか外。よくわからない。


個人的に、マレーシアに来たらディムサムは食べてほしいなと思います。特にマレーシアにしかないものでも、マレーシア料理ではありませんが、おいしいのでおすすめです。

イメージ的にはこんな感じ。レストランで食べればまさにこんなイメージ。ローカルで食べると上みたいな感じなのかな?でも、おなかが強いならB級グルメを探すのもいいかも。安くてうまいを探す旅はけっこう楽しいですよ。

※私には違いがよくわからないのですが、点心(ディムサム)と飲茶(ヤムチャ)というのがあります。しゅうまいのような、せいろで蒸したものが食べられます。この写真では、左のやつが豆腐ともやしの炒め物(辛かった)、右のやつはみんなが適当に頼んでくれたやつだから、正直よくわからないけどおいしかったのは鮮明に覚えている。

文化の違い

話は180度変わりますが(笑)…日本ならどうでしょうか?ホームパーティでこの規模ってあるのでしょうか?

まずそもそも家の外の道路を独占してテント立ててしまうなんてことがないので、日本の新築祝いでこの規模人数を呼ぶことは、よほどの大豪邸ではないと多分不可能なのできっとないでしょうね。

いつも感じるのですが、こういう日本ではきっと体験できない経験(文化的な違い)ができることに感謝の気持ちでいっぱいです。すごく周りの友達や人たちに恵まれているなと実感します

私はマレーシアに来て、みんな(マレーシア人や他の国の友達も)すごく友達や家族など繋がりを大切にするなというイメージがあります。もちろん、日本人も大切にすると思うのですが少し種類が違うなと感じます。

昨日のパーティー場合だと、まず親戚はほぼ全員いたと思います。それに加えて、兄弟それぞれ親しい友達を呼んでの新築祝いのパーティー。日本ではなかなか無いのかなと。

前までのハウスメイトのパキスタ人の友達は、働くにしてもまずは家族の近くにいられるかが一番重要だと言っていました。

日本だと仕事や大学、高校で、親元や地元を離れるのは最近では当たり前なので、なんだか不思議な気持ちというか、新鮮な気持ちというか言葉ではうまく表せない感覚になったのを覚えています。

終わりに

今回は留学のいい面、楽しい面についてのお話でした。

やっぱり留学において、英語ももちろん大切な要素の1つであることには変わりないんだけど、留学成功させるのに一番大切なものって○○なんだなと昨日改めて実感させられました。それについてはこの記事で→(たった1つの留学を成功させる方法。

またなにか、面白い体験したら書いていきたいと思います。

 

個人的に私に留学相談したい人はこちらからお申し込みください。ライン電話、またはメールにて留学相談にのります。