マレーシア長期滞在ビザ(MM2H)取得?本気?~誰も教えてくれない真実~

マレーシア長期滞在ビザ(MM2H)取得?本気?~誰も教えてくれない真実~

こんにちは、今回は留学のこととは別で長期滞在ビザ(MM2H)について個人的な意見を書いていきたいと思います。

マレーシアや、MM2Hのいい面ばかり、皆さんは知っているのではないですか?その状態で無理してマレーシアに長期滞在をしに来ると後悔しますよ。

マレーシア生活が4年なるトムヤムクンですが、私個人的にはマレーシアに長期滞在ビザで長期滞在するのはお勧めしません。以下に当てはまる人にはぜひ最後まで読んでもらいたいです。

  • 何度かマレーシアに来ていてマレーシア大好きで仕方ないという人
  • 長期の休暇のたびにマレーシアに足を運んでは楽しんでいる人
  • 実際にマレーシアで生活したことがなく、テレビでしかマレーシアの情報を持っていない人

つまりは、長期滞在ビザやマレーシアの良い面ばかりしか見えていない人向けに書こうと思います。

テレビなどでも、昔に比べてよくマレーシアについての放送がされていると両親から連絡があります。『今日○○○○っていう場所がテレビでやってたけど、住んでるところから近いのか?』とか。両親はまだマレーシアに来たことないのですが、物価が安くて安全で、暖かい国という良い印象しかないようです。

ですが私が思うに、もちろん1週間のマレーシア観光をしても両親の感想は変わらないと思いますが、長期滞在(一か月、二か月、三か月のようなもの)となると、きっと話は変わってくるのだろうなと私は考えています。

と、前書きは長くなりましたが、誰も教えてくれないマレーシアの落とし穴について書いていこうと思います。

見落とされがちな落とし穴~お金編~

まずは1食150円のからくり

まず、マレーシアに長期滞在しようという理由のほとんどが生活が安いからというものではないでしょうか?本当にお金の事だけでマレーシアに来ることになると後悔しません。

本当に外食が1人150円以内にできると思っていますか?

正直に言うと、そんな生活続きませんよ。ましてや50歳を超えてからマレーシアに来て、1食150円で外食で生活なんてたぶんできません。150円で食べれるものってママックというインディアン系マレーシア人が営んでいるお店で肉無しのチャーハンしか食べれませんよ。中華のチャーハンは200円くらいします。

しかも、飲み物無しでご飯食べるんですか?日本のように水がタダで出ては決ませんよ。ただで水が出てきた=水道水ですよ。煮沸されているかもしれませんが、個人的にはしてないと思います。

正直、150円で食べれるものといえば、脂質と炭水化物の塊ですし、栄養価が偏ります。どんどん太っていきますし、体に悪いです。

こっちに交換留学で来る大学生ですら、水で当たったり、ご飯を食べた後に腹痛を起こす人はいるんですよ、20歳近くの子でもおなかは壊します。

日本の生活水準でしか生活したことない人が、マレーシアで1食150円って生活ってかなり厳しいですよ。もし生活水準が変えられないとなると、きれいなレストランに入るほかありません。きれいなレストランで食べるならば、最低でも900円ほどは見といたほうがいいです、値段に上乗せでサービス税がかかりますので。

150円で食べれるというのは嘘ではありませんが、日本の生活水準を捨てられない、おなかが弱い人は無理です。嘘とは言いませんが、限りなく不親切です。

プールとテニス付きのきれいなマンション

もし、毎日、一食150円の食事でも大丈夫、食事に関しては日本の水準を捨てられるという方がいたとしましょう。はて、あなたの住んでいるきれいなマンションの近くにのお店はあるのでしょうか?

私は、田舎の仮にもきれいとは言えないマンションに住んでいますので近くにはそういうお店はあります。マレーシアに来た日本人には刑務所みたいと酷評されました。

私のイメージでは、中心地から離れればそういうお店があるというイメージです。もし、近場に安いご飯を出してくれるお店がなかったとしたら、食事を150円にするため毎食タクシーを使いますか?こうなれば、本末転倒な気もしますが。

食事を150円にするというなら、そういうお店がある近くのマンションを選ばなければいけません。

もし仮に、あまりきれでないマンションに住むとしましょう、マレーシアでできた日本人の知り合いの方々を家に招待できますか?他にも、家にどうしても送ってもらわないといけない事態になったとしましょう、あなたはどう思うでしょうか?

見栄を張りたがるタイプならば、たぶん耐えられないと思います。もし自分は自分、人は人という風に、気にしないという人なら大丈夫だと思います。

結局

ある程度の水準を維持しながらマレーシアに住もうと思うと今のあなたのお金の計算はいつか狂いが生じてきますよ。

他にもこんな落とし穴が~生活編~

知り合いいますか?

海外に長期で住むということは、自分の知り合いが全くいない土地に言うということです。また言い換えると、新たにコミュニティを探す必要があります。

もちろん、そういうのが得意な人は海外生活では問題を感じないでしょう。ですが、日本人のほとんどってシャイで、初対面の人で自分から話を積極的に話してフレンドリーになるのって難しいですよね。

仮に連絡先を教えてもらったとして、『あなたはご飯いきませんか?』と連絡できる人ですか?

私は高校を卒業して、マレーシアに来ましたが、友達や知り合い、コミュニティの大切さを知りました。これらがないと、すごく孤独ですよ。

最初の頃は、日本の友達と連絡を取ることはあると思いますが、日を追うごとになくなります。連絡するときって、どこかにご飯行こうよとか、○曜日あいてる?みたいな内容が多いと思うのですが、マレーシアにいたらそんな連絡は来ませんので、次第に減っていくと思います。

さらに、自分でマレーシアに行くと決めといて、3か月とかそこらで友達に『すごい孤独で寂しい。』なんて言えますか?私にはできませんでした。なので、SNSを更新するときは、いつも楽しそうなものか、日本では経験できない出来事が起きた時しか更新しませんでした。

新日国だからって何?

もちろん、嫌日国家はそもそも選択肢のうちには入ってこないと思います。けど、それ以外で親日国を選ぶメリットって何ですかね?

正直、メリットってあなたが考えるほど多くはないですよ。

親日国だから日本人にはすごく優しいと勘違いしていませんか?そういうのはすべて幻想ですよ。そもそも、日本人って見た目じゃみんな判断できませんよ。マレーシア人はまずあなたを見て、中国人か韓国人だと思っていますよ。

もちろん、あなたが日本人だと知ったら、詐欺や盗みを働く人は一定数はいます。

なので、親日国だからと言って過度な期待は絶対にしてきません。親日国に行くメリットは、嫌日国に行くよりは安全性が高いくらいです。

結局、MM2Hを取得する際に一番重要なことはこれ、

お金に余裕があるか

正直、元も子もない話をすればお金さえあれば何とでもなります。無理だと思った時点で日本帰ればいいのです。ですが、お金に余裕のある方は、マレーシアを旅の拠点にするならすごく便利な場所に代わります。マレーシアからなら基本的にはどの国でも行けます。

ですが逆に、日本に帰るという選択ができない人はこっちに来る前によく考えるべきです。例えば、まずは3ケ月マレーシアに住んでみる、その3か月で実際にこれからしていこうと思っている生活をして、シュミレーションをしてみるべきです。1か月や2か月では意味ないですよ。

私からしたら1か月は旅行の延長です。仮に1か月なら『大変なこともあったけど、楽しかったね!』で終わりです。

このシュミレーションで実際にどれくらいお金かかるのか、今考えている生活で本当に何年もやっていけるのか、予算内で収まっているのかを確認するべきです。

もし、3か月マレーシアに滞在することを決めたのならAirbnbでマンションの一室を実際に借りると、ホテルを借りるより安くすませることができますし、自炊もすることもできるので限りなく実際の生活に近づけることができます。

 

例えば、このマンション。3か月の長期滞在なら割引込みで1か月10万円で住むことができます。Airbnbではマンションの一室を貸し出しているので、実際にマレーシアに何か月か住んでみようという方にとって、とても便利です。

例えばこの部屋の調べ方;Airbnbをクリック(Airbnbのホームページ行きます。)検索欄に ‘ Family Friendly 3 Bedroom Apartment near Kidzania ‘ と入力。今ならさらに、2700円分の割引がされます。マレーシアリンギットだと約100リンギット。※このお金でおいしいものが実際に食べれます。

もちろん、自分たちが実際に借りようと思っているマンションがあれば、そのマンション、または近辺のマンションを借りて実際の暮らしを肌で感じてみましょう。

私が思うに、本当に長期滞在を成功させるためには、実際に現地に何か月か住む必要があります。実際に経験してみないと本当に合うかどうかは、誰もわかりません。

人の意見、他人の意見で長期滞在をしようとは絶対に決めてはいけません。あなたの感覚と他人の感覚は、まったく違うものです。

あなたの家族がマレーシア生活に適応できますか

もう一つ大切なのは、あなたの家族がマレーシアの生活にストレスを感じないかが大切です。

あなたにとっては、何ら不便を感じたりしないかもしれませんが、あなたの家族も同じように考えているかはすごく怪しいです。また、その逆もしかりです。

例えば、あなたのお嫁さんがどうしても水が合わなくて、何を食べてもおなかを下してしまうとしましょう。いくらあなたがマレーシアを気に入っていたとしても、長期滞在はあきらめたほうがいいです。

きっと奥様にとって、マレーシア滞在はストレスの塊でしかないでしょう。

このように、マレーシアの長期滞在を決める・決めないかは、あなたの家族がマレーシアの生活に適応できるかが大きなポイントでもあります。

だからこそAirbnbを使って何か月か住んでいるのが得策です。マレーシアに長期滞在は家族のみんなから了承がないと実現しません。

MM2Hでマレーシアに来てから、適応できなくて苦しんでいる家族を見るのはあなたもつらいと思うので、一度マレーシアに実際に住んでみてください。