マレーシア観光。朝市に行ってきた!早朝は少し危険も感じるカオスな地域だった。

マレーシア観光。朝市に行ってきた!早朝は少し危険も感じるカオスな地域だった。

こんにちは、トムヤムクンです。

あなたは、朝市に行ったことはありますか?私は日本では行ったことはありませんでした(笑)日本だとまず朝市に行くのに車が必要になりますし、わざわざ行こうとは思いませんよね。

家の近くで朝市があるということは前から知っていたので、一度行ってみようか!ということで早朝の4時くらいに1人で出かけました。

マレーシアに留学してきて4年目にして、ようやく重い腰を上げました(笑)

マレーシアの朝市だから行ってみようと思えただけで、きっと日本の朝市だったらわざわざ行っていないと思ますね(笑)

マレーシアのローカル臭を肌で感じたい人にはおすすめの観光スポット!

場所はどこよ?

LRTのPudu駅が最寄り駅にはなるのですが、駅から歩こうと思うと6~10分ほどかかるのかなと思います。ですが、そもそも早朝に行こうと思うなら、選択肢は二つ以しかありません。
まずは、電車がまだ運転していないと思うのでGrabで直接現地に行くか、もしくは自分の車で行くかのどちらかになると思います。

ちなみに、Grabとは主に東南アジアで主流のタクシーの配車サービスです。今までで一番高いタクシー料金は900円くらいなので、日本のタクシーの初乗りに吉野家の牛丼の(並)を追加したくらいの値段ですかね。

google先生いわく、約6分で着くらしいですが例え電車が運航していたとしても、私はタクシーをおすすめします。

危険度はどれくらい?

危険じゃないと言えばウソになるかもしれませんが、個人的にココの市場自体は、そこまで危険な場所ではないような気がしますが、朝市の行われている路地から外れると世界が変わります。
真っ暗、または薄暗い道ばかりで、ひとけのないような場所も多いのでその点は注意が必要かも。ちょっと危険というか、ドンヨリした雰囲気があるというか・・・

でも基本的には、お店の仕入れで来る人や、魚や野菜を売りに来る人しかいないので、よほど派手な格好で行かなければ特に問題になることは無いと思う。
地元民に溶け込めるような服装が好ましいと思う。アクセサリーをじゃらじゃらつけていくような場所でも無いですし、服も気合い入れておしゃれをしていく場所でも無いので(笑)
そもそも、汚れる可能性が高いと思うのでジャージのようなラフな格好でOK。

自分はいつも、中華系マレーシア人だと思われることが多いので、かなり溶け込んでいることもあり、ぼったくられたり、怖い目にあったことはほとんどないかも。

けど、どこへ行くにしても気を付けないといけないのがスリ!
まぁスリをしたり、盗みをする人は多いと思うので、写真撮ったりするのに気を取られすぎて財布をとられたりすることがないように、気を付けましょう。

Puduのウェットマーケット(朝市)

Puduの朝市の名前は実はウェットマーケットといいます。
写真で鮮度が100パーセントわかるわけではありませんが、参考までにどうぞ。

魚や魚介類から異臭がすることは全くありませんでした。
行った時間帯が、朝の4時なので鮮度が良かっただけかもしれませんが、鼻のいい自分ですが気になりませんでした。

サメや、カニ、貝類のほかにも見たことのない魚がたくさん。
ざっと見た感じではメアジとかアジ系が多いかな。他にもキンメダイイカなどなど、日本人にとってなじみのある魚も売られてた。
値段は見てないのだけど、手の出せる値段でキンメダイ売ってたら、次回はクーラーボックスみたいなのを持っていって何匹か買ってみようかなと思う。
買ってみようかなと思わせるくらい、くさくなかった。もちろん、刺身で食べるれるほどの鮮度は無かったけど、地元のスーパーよりは、比べられないくらい鮮度はよかった。

この下の写真は、日本人には全くなじみのないトサツ場、解体場になっていた。
トサツ場、解体場とは・・・
ニワトリや牛などが普段私たちがスーパーで見かけるような肉の状態にする場所のこと。

実際に生きたニワトリが、ゲージに入れられていた。
もちろん、マレー語はわからないのでこの看板を見てもトサツ場なんてわからなかったので、入っていってびっくりした。
急に『コケコッコー!』と鳴き出すニワトリもいたので、まぁ驚いた。けど、なんとなくここは解体場なんだと理解してからは、そこまで驚くことはなかったけど、不思議な気持ちにはなった。

今ここで鳴いているニワトリも、時間がたてば鶏肉になって売られているのかと思うと。。。
いい経験ができたなぁと、いまこうして振り返ってみて感じた。

行ってみたいけど、少し怖いなぁという方へ

サーっと動画を撮ってきたので、行ってみたいんだけどちょっと地元臭がすごくて怖いなぁという方は、雰囲気だけでも味わえると思うので、ぜひ。

この動画は野菜と鶏肉が売られている場所。

お願い!

※お肉を見るのが苦手な方や、足のついた鶏肉を見るのが苦手な方はこの動画を見ないで下いさい。
殺傷シーンはありませんが、人によっては気分を害することもあると思いますので、そういう方は視聴を控えてください。

 

以上で、マレーシアの朝市のレポートを終わります。
また、どこかに行った際はこのブログを通してあなたに紹介します。

 

個人的に私に留学相談したい人はこちらからお申し込みください。ライン電話、またはメールにて留学相談にのります。