【海外のATMの使い方】この記事さえ読めば安心。~誰でも海外でお金をおろせるようになる~

【海外のATMの使い方】この記事さえ読めば安心。~誰でも海外でお金をおろせるようになる~

こんにちは、トムヤムクンです。

今回は海外のATM(今回はマレーシアのATM)で、『どうやっていつもお金をおろしているか』を実際の写真を使って説明していきます。

お金を引き出す7ステップに分けたので、すごくわかりやすくなっているのでぜひ見てみて下さい。
ところどころ、注意点も書いたのでぜひ最後まで読んでもらえると嬉しいです。

※基本的にどの国のATMも操作は変わりませんのでマレーシア以外の方にも参考になります。

クレジットカード・デビットカードの選び方が知りたい方はこちらから↓

誰も教えてくれない留学生のクレジットカード・デビットカードの選び方とおすすめのカード

海外ATMの使い方

1、まずはカードを用意

今回はいつも私が使っているジャパンネット銀行のVISAデビットを使います。特に指定のカードはありませんが、前回ジャパンネット銀行のVISAデビットの記事を書いたのでこのカードを使います。

カードが準備できたら、日本のATM同様カードを入れてください。

※注意※

1.カードの向きはあっていますか?逆だとお金が抜けません。

2.周りの人でおかしな行動をとっている人はいませんか?

3.後ろの人が妙に距離が近いということはありませんか?

 

2、お金を抜きたいのか、預けたいのかを選択

基本的にはみなさんは AUTOMATED TELLER MACHINE(ATM)のボタンを押してください。預金をしたい場合は、CASH DEPOSIT MACHINE(CDM)を押してください。

今回はお金をおろす記事なので、預金の手順は書きません。

※間違えて預金を押してしまってもやり直せばいいだけなので、焦らなくても大丈夫ですよ。

3、言語を選ぶ

英語がわかる人はEnglish、中国語ができる人は中文を選択してください。

私は中国語は話せませんし、読めませんので今回は英語で進めていきますが、中国語でも押す場所は同じなので安心してください。

4、暗証番号を打ち込む

日本のATMは4桁の暗証番号ですが、海外のATMでは暗証番号6桁入力できる国もあります。ですが、無理して6桁打ち込む必要はありませんよ(笑)

暗証番号を打ちこむ場所に’ ACCEPT ’というボタンがあるので、4桁の暗証番号が打ち終えたら’ ACCEPT ’ボタンを押してください。

黒い部分は私の名前ですので気にしなくてOKです。

5、CASH ADVANCE/WITHDRAWAL

次はCASH ADVANCE/WITHDRAWALを選択して下い。

CASH ADVANCEはキャッシングで現金引き下ろしのことで、CASH WITHDRAWALは普通の現金引き出しですので預金されている金額までしかおろすことはできません。

※場所によっては、現金引き出しのことをWITHDRAW CASHとも言いますので、CASH WITHDRAWALが無い時は慌てずに、WITHDRAW CASHを選択しましょう。

 

6、ほしい金額を打ち込みます。

打ち込んだら、まずは自分のほしい金額と合っているかを確認してください。

ほしい金額と同じなら ‘PRESS IF CORRECT’ を押して次のページへ。

もし、ほしい金額と違うなら ‘PRESS IF INCORRECT’  を押して、金額を打ち直してください。

7、お金受け取る

あとは日本のATMと全く同じです。お金とカードを受け取ってからその場を去りましょう。

※注意※

抜き忘れにはくれぐれも注意してください。

私のおすすめの留学用カード

マレーシアに留学するなら、実際に私が使っているジャパンネット銀行VISAデビットだと手数料をかなり抑えて、日本円からマレーシアリンギットに変えることができます。もちろん、留学や旅行をする際の予備のカードとしても大活躍します。

留学生用カードに騙されてはいけませんよ。手数料が高いです。一か月の留学なら、そこまで損はしませんが、長期留学となると話は変わってきます。

卒業までに、かなりの手数料を取られることになります。

詳しくはこの記事で。

誰も教えてくれない留学生のクレジットカード・デビットカードの選び方とおすすめのカード

まとめ

どうですか?思ったより簡単だったことないですか?

慣れてしまえば、ちょちょいのちょいですぐですよ。

それではみなさん海外留学、または海外旅行を楽しんでください