【マレーシア大学留学】デメリット。~留学であなたが失う3つ~

【マレーシア大学留学】デメリット。~留学であなたが失う3つ~

留学といえば得られるであろうものばかりが次々と想像できると思います。

例えば、、、多種多様な人種や国の友達ができるとか。

けど、留学することであなたが失うものは実はあなたが予想している以上にたくさんあるのです。トムヤムクンの場合は、友達作りに失敗して、独りぼっちだったからというのが原因だと思いますが、留学した人なら誰しも感じたことのあることだと思います。

留学を成功させるやり方はこちらから↓

【マレーシア大学留学】失敗しない方法~これさえできれば成功は近い!~

留学失うもの

留学すれば、当たり前のことですが、あなたは今まで住んでいた日本を離れる事になります。

つまりは今まで生まれ育った地元や環境が変わります。環境の変化があなたにいい影響を及ぼすこともあれば、悪い影響を及ぼすこともあります。

1. 家族やペットとのふれあい

マレーシアは比較的日本から近いですし、チケットも格安航空会社のエアアジアを使えば2万円もあれば、ピーク時でも帰ってくることができるので、家族やペットと離れてしまってもそこまで心の負担になることはないかもしれません。
ですが、1年に1度だけしか帰れなかったり、定期的に日本に帰れないとなるとすごく不安になります。実際、トムヤムクンはすごい不安になりました。

もちろん、到着して3日くらいは旅行気分でなんらそんな感情はありませんでしたが、1週間、2週間経つにつれて孤独感を感じました。
親がいつもやってくれていた掃除は自分でしなければなりません。食事も毎回外食で、久々に日本食のあれが食べたい・これが食べたいという物は基本的にはマレーシアにありません。
日本にいたときは、『ハンバーグ食べたい、とんカツ食べたい、カレー食べたい』と言えば、母親はその週には作ってくれていました。

妹がいるのですが、こっちに来てから妹と話す機会もほとんどなくなりました。日本にいたときは、毎日くだらないことで喧嘩したり、笑ったりしていたのですが、こっちへ来てからはそういうのは全くありません。

トムヤムクンの家には、犬が2匹いるのですが、かなりのペットロスに陥りました。もっと散歩に連れて行ってあげればよかったなとか、一人で部屋にいるときは連れてきては遊んだりなどそういう思い出が頭の中をぐるぐる駆け巡りました。

2. 友達

親友と呼べる友達とは日本に帰った際にはあったりしますが、海外に来ることでその縁がプツリと私の場合は切れてしましました。連絡も長い間とらないと、なんて送ったらいいのかわからなくなり、気づいた時には時間が立ちすぎていて連絡を取るきっかけが分からなくなりました。

距離が離れすぎていて、『久々に会おうよ!ごはん行こうよ!』なんてのも海外にいればできないので、なおさら友達との関係が薄くなっていくのを実感しました。

また、友達には、大学や新しい生活の中で新しい出会いが生まれます。そうなると次第に、関係というのは古いものが新しいものに上書きされていきます。

 

例えば中学を卒業して高校入りたての時は、中学の友達ともよく連絡を取ったり遊んだりしたと思いますが、時間が立つにつれて、自分自身の友達の輪というのは少しずつ高校の友達にシフトしていきませんでしたか?

しかし、トムヤムクンは友達作るに失敗したので上書きに失敗しました。なので古いセーブデータのままです。だからこそ、余計に日本の友達がいなくなったと感じたのかもしれん。

3. 日本の大学生生活

マレーシアに来るまで、18年間、日本の大学に行く予定しかありませんでした。高校で友達とは、大学ってどんなとこなんだろうと話したり、期待に胸を膨らませながら毎日受験勉強していました。

なので、自分も先輩たちや自分が思い描いた大学生生活を満喫するのだろうなと思っていました。

ところが、人生とはわからないもので、マレーシアに行くことが決まりました(もちろん自分で決めました)。どうでしょう、マレーシアの大学生活は。

人それぞれ、自分の思い描く大学生活は違うと思いますが、自分の思ってたのとは全然違っていました。

 

友達の更新するインスタやツイッターを見て、すごくうらやましかったですし、孤独感にも襲われました。『いいなぁ』っていつも思っていました。

大学留学するということは、日本の大学での生活を捨てて、その自分のいく国の大学生活をするということです。日本の大学生活にあこがれる人は同じような感情になると思います。

まとめ

今回は、日本の大学ではなく海外の大学に行く人が失うものを書いてみました。どうですか?ちょっと留学がこわくなりましたか?

でも安心してください、私がいまこうやって何とか留学を続けられているということは、あなたも続けることがきっとできます。
もちろん、最初の3か月は死ぬほどつらいと思います。私の友達でいつもポジティブで明るく、陽気な性格の友達も3か月間は、とんでもない孤独感に襲われてすごくつらかったと言っていました。

なので、すごい孤独感に襲われたり、帰りたいと思うことは普通のことです。誰もが通る道です。その3か月をたえられたら、あなたは人として一回り成長したことになります。

では、次回は留学して得られるものについて書いていきます。