海外留学で大活躍するお得なクレジットカードの選び方とおすすめ~見るべきポイントは1つだけ~

海外留学で大活躍するお得なクレジットカードの選び方とおすすめ~見るべきポイントは1つだけ~

こんにちは、トムヤムクンです。

あなたが、どのカードを持っていかないといけないか迷ったときに、
『海外 留学 おすすめ クレジットカード デビットカード』
と検索するといろいろなカードについてのサイトが出てきますよね?

カードの紹介ページに行くといつも出てくるのが。。。

・還元率が一番いい
・ポイントが○倍でもらえる
・○年連続1位で選ばれている
・国際ブランド
だとかいう文章ばかりだと思います。
もちろん、日本で使うなら大切になってくると思いますが、ほとんどのサイトでカードを選ぶ際、留学で一番大切なポイントは実は紹介されていないんです。

 

・留学専用カード(一番 損 するカード)

 

これは一番発行してはいけないカードです。名前からしてすごく安心しますが、実は全く留学生の事を考えていないカードなのです。
そこで今回は、留学するあなたに誰も教えてくれないクレジットカードや、デビットカードの選び方を伝えていきます。

クレジットカードとデビットカードの違い

最大の違い

・デビットカードは即時払い。
・クレジットカードは後払い。

つまりは。。。
クレジットカードは’ 今 ’銀行口座にお金がなくてもお金を引き出すことができます。
デビットカードは‘ 今 ‘現在口座にあるお金までしか使えません。

なので、デビットカードはリボ払いや、分割などのややこしい支払い方法は存在しません。が、逆に言えば、今口座にあるお金以上の支払いや、ATMでのお金の引き出しはできません。

審査があるか、ないか。

クレジットカードは、発行するのに審査があります。
デビットカードは、発行するのに審査がありません。

留学するまでに時間がない人はデビットカードがおすすめ。理由は、審査がない分、クレジットカードよりも早く手にすることができるのと、中学生を除く15歳以上であれば誰でもほぼ発行してもらえます。
社会人ではなく、高校卒業後にすぐに留学する人ならばデビットカードならば簡単に作れますが、クレジットカードは収入のない人は審査に落ちてしまうことがほとんどです。

私も、実際にデビットカードは発行できましたが、クレジットカードは発行することができませんでした。

留学生におすすめはクレジットカードか、デビットカードか?

私のおすすめはデビットカードです。まず第一にカードが発行されないと海外でお金を引き出すことができません。審査なしで、基本的には高校生からなら誰でもカードを持てるデビットカードをまずは作りましょう。
他にも、一部を除いて、入会費や年会費などは永久的に無料なのも魅力的な点です。

もしあなたが、1枚もカードを持っていないくて、安定した収入がないなら、まずはデビットカードを作りましょう。

カードを選ぶときはココを注意して見ろ!

重要ポイントは○○○だけ!

最初に書いた通り、カードのおすすめをしているサイトのほとんどで
『ポイントが!還元率が!○年連続1位!国際ブランド!』
という言葉ばかりですが、実は一番重要になってくるのはズバリ・・・

・外貨取引手数料

留学する際に、カードの選び方で気にしなければならないのは、実はこの1点だけで大丈夫です。

なぜその選び方が重要なのか

デビットカード 海外利用時の手数料 海外ATM出金手数料
ジャパンネット銀行 Visaデビット 海外レート+3.02% 無料
セブン銀行デビットカード 海外レート+3.0% 1回につき108円(税込)
三菱UFJ-VISAデビット 海外レート+3.0% 1回につき108円(税込)
楽天銀行デビットカード(JCB) 海外レート+3.024% 無料
楽天銀行デビットカード(Visa)※年会費1029円 海外レート+3.024% 無料
三菱東京UFJ銀行のデビット VISAまたはJCBの手数料1.3%~1.6%+
三菱UFJ銀行の手数料3.0%
1回につき108円(税込)
Sony Bank Wallet 1.76%(マレーシアの場合) 1回につき216円
MoneyT Global(留学専用カード) 5% 1回につき200円

Sony Bank Walletが一番いいカードであるというサイトがありますが、マレーシア留学となるとまた変わってきます。
もちろん、良いカードの一つですが、マレーシアの通貨の取り扱いがないです(外貨預金口座12通貨の中にマレーシア通貨がない)。

つまりマレーシアの通貨は取り扱いがないので、アメリカ留学や、イギリス、カナダ、オーストラリア留学のように、海外利用手数料が0円にはなりません。

実際に計算して違いを見てみると・・・(この章は絶対に見よう!)

RM200(マレーシアリンギット)をATMで抜くとします。
計算をわかりやすくするためにRM1(マレーシアリンギット)=30円とします。

デビットカード 計算式 手数料
ジャパンネット銀行 Visaデビット 30円×RM200×3.02% 192円
セブン銀行デビットカード 30円×RM200×3.0%+108 288円
三菱UFJ-VISAデビット 30円×RM200×3.0%+108 288円
楽天銀行デビットカード(JCB) 30円×RM200×3.024% 194.4円
楽天銀行デビットカード(Visa)※年会費1029円 30円×RM200×3.024% 194.4円
三菱東京UFJ銀行のデビット 30円×RM200×(1.3%+3.0%)+108 366円
Sony Bank Wallet 30円×RM200×1.76%+216 321.6円
MoneyT Global(留学専用カード) 30円×RM200×5%+200 500円

2枚は持っていこう

もし、あなたがデビットカードを1枚しかマレーシアに持ってこなかったら・・・

・無くしてしまった。
・誰かに盗まれてしまった。

なんてときにどうしますか?親に新しいデビットカードを送ってもらいますか?
残念ですが、日本にあなたが帰り再発行するか、親にデビットカードを再発行してもらって持ってきてもらうか、のどちらかしか方法はありません。

国際便で届けてはもらいません。

つまり、1枚しか作っていかなくて、無くしてしまった場合、あなたは海外で生活することができなくなります。

私が使っているデビットカードとおすすめ。

まず1枚目のおすすめなはジャパンネット銀行(←ココから申し込みできます)のVISAデビット。

・年会費無料
・手数料が安い
・VISA
・第三者不正使用保険間500万円も補償されます)
※詳しくはホームページの補償制度

実際に私も使っているので、あなたにもおすすめのカード。

 

口座の開設のやり方を説明しています。
→ この通りにやれば5分で申請できます

二枚目は楽天銀行デビットカード(JCB)(←ココから申請できます)。『絶対にVISAの方がいい!』って言いう人もいますが、昔と比べてJCBも使える場所が増えています。
また、この楽天銀行デビットカード(JCB)ならば、JCBの他にも、『Cirrus』の表記のあるATMであれば、お金をおろすことができます。

また、マレーシアの場合、ほとんどの銀行やATMでお金をおろすことができるので、心配はいりません。

私がこのカードをすすめる最大の理由は

・日本円を海外の銀行口座に直接入金できる。
受け取りまでに1日~3日、さらに面倒な申込書の記入やハンコなしで、24時間365日いつでもどこでも海外送金の手続きができる。

という点です。なぜこれがすごいかというと、ほぼすべてのデビットカードに日本円をマレーシアの銀行口座に入れるというサービスがそもそもないからです。
もし、二枚のデビットカードを無くしてしまった場合、このサービスはすごく役に立ちます。楽天銀行のデビットカードがあれば、マレーシアの銀行に日本から直接お金を送金できるので、なんとかあなたは海外での留学を続けることができます。

つまり、楽天銀行デビットカード(JCB)と、ジャパンネット銀行があれば、あなたは、お金を送ってもらう方法を3つ持つことができます。

他にも盗難補償(年間100万円)がついてるので安心。
※詳しくはこちらで楽天銀行デビットカード盗難補償規定

まとめ

留学で使うデビットカードの選び方は第一にまずは『手数料』です。その次に補償内容。最後にVISAかJCBかです。
マレーシアの場合はどの国際ブランドのカードでもお金をおろすことはできます。

あなたが、デビットカードを選ぶときの参考になれば幸いです。