社会人の短期留学は意味がない気がする?得られるものやメリットデメリットを解説?やらない理由を考える暇あるなら、1週間の短期留学しよう。

社会人の短期留学は意味がない気がする?得られるものやメリットデメリットを解説?やらない理由を考える暇あるなら、1週間の短期留学しよう。

この記事では短期留学を考えているあなたの疑問に答えます。

・『社会人になった自分が今さら1週間だけ短期留学する価値ってあるのか分からない。
・1週間ならギリギリ休み取れそうだから、短期留学には興味がある。
・実際に留学している人からの声を聞いてみたいな…

というあなたに読んでもらいたいです。

✅結論

短期留学した方が絶対にいい。
留学の経験があなたの将来は確実に豊かにしてくれます。

今と変わらない将来でもいい!という人は時間の無駄になります。

今回、この記事では1週間だけでも社会人のあなたが短期留学すべき理由と、短期留学をすることであなたが学ぶことができるもの、3つを紹介します。

今となっては私は海外生活4年目ですので、海外での暮らしが『普通』です。日本にいるのが1年のうち60日程度なので。ですが、4年前の当時は不安の方が期待より大きくて、一歩が踏み出せませんでした。

そんなあなたの、チカラになれれるように、私の経験を踏まえて書いていこうと思います。

社会人が1週間でも短期留学すべき理由って?

ずばり、海外での経験ができるからです。かなりありきたりですが、日本で現在の仕事を毎日続けていて、海外経験は積めるのでしょうか?

やはり、海外での経験は海外に飛び込んだことがある人でないと得ることは不可能です。

なぜ短期留学なのか?それは・・・
長期留学をするために、いきなり今の仕事を退職してしまうのはリスクが高過ぎるからです。

だからこそ、まずは1週間の短期留学に挑戦すべきなのです。

海外4年目の私が思うに、【1週間ならノーリスクです。】なぜなら・・・

・1週間耐えられなくて帰ってきたとしても仕事がある状態なので収入に困らない。
→いきなり長期留学は一種のギャンブルです。途中で辞めたくても辞められないストレス、辞めて戻ってきても収入がない。
・金銭面、
→1週間なら安い。長期となるとウン百万は軽く消えます。

よくある疑問①;短期留学じゃあ、お金の無駄?

短期留学の費用はだいたい10~15万円くらいです。
社会人のあなたなら10万円くらいの貯金はあると思います。

1週間で10万円は・・・お金の無駄なんじゃないか?という疑問もあるとありますが、10万円ちょっとであなたの次の目標が見つけられたり、日ごろのモヤモヤが取れるなら安い投資だと思いますよ。
『留学してみたいな・・・』、『学生の時に実は留学してみたかったんだよなぁ・・・』と思いながら、でもお金かかるしなぁ、でも留学してみたいなぁなんて、考えながらウズウズしているとチャンスを逃しますよ。

子供のころを想い返してみてください。こんなことはなかったですか?

あの時あれやっていれば今の自分って変わってたんだろうな。

こういう後悔は今あなたが覚えているように、一生引きずることになります。
『あれやっておけばよかった…』なんていうのとおさらばして、短期で留学しようと思ったあなたは、世界中に語学学校展開しているEFさんに相談してみるのがオススメ。社会人の短期留学を相談する

よくある疑問②;1週間で英語できるようになるの?

正直言いますが、伸びません。

例えばですが、あなたが会社に入社したての頃、1週間で仕事をすべて覚えられましたか?きっと上司や先輩から教えてもらって(時には厳しく言われたと思いますが)、少しずつできるようになっていったのではないですか?

それと同じで、1週間だけでは英語ができるようにはなりません。耳が英語に慣れることはあるかもしえれませんが、帰国して普段の生活に戻り英語から日本語の生活に戻ると元通りに・・・悲しいですがこれが厳しい現実でもあります。

じゃあなぜ短期留学をすべきなのか?
次の項目から、3つのポイントに絞って解説していきます。

たったの1週間の短期留学でも学べることは 3 つもある。

まずこの 3 つを学ぶための条件として・・・

・留学中は自習なんてするな。
・単語帳も文法書なんかを何時間も読むな。

1周間海外で単語帳やったり、参考書読んだらいつもよりも記憶しやすい!なんていうのは無いので、どんどん外に出て行動しましょう。積極的にクラスの友達や学校にいる子と外に出たり、なるべくたくさんの人と交流すること最大限に短期留学を価値あるものにすることができます。

このように積極的に外に出て、コミュニケーションをとることで学べることは次の 3 つです。

1つめ:ありきたりだけど、いろいろな価値観と触れ合うことで、視野が広がる。
2つめ:いろいろな国からきている生徒との交流することで、自分との考え方の違いや、その国の国民性を知れる。
3つめ:普段の生活では会うことができない日本人との交流、帰国後も交流が続くこともあり、長い付き合いになることもある。

 1つめ:その国独自の価値観に触れられる

簡単に言えば、視野は確実に広がります。

私の留学しているマレーシアの場合、マレーシアにするだけでも 3 つの民族が1つの国で暮らしています。

・マレー系
・中華系
・インド系

同じマレーシア人でも、考え方や行動は全く違います。
例えば仕事に関して言えば、マレー系は仕事がすごく遅いというかサボっているイメージ、、、インド系は自分で理解できていない商品をゴリ推ししてきます、、、意外かもしれませんが中華系が一番テキパキと働いています。

しかも、彼らは定時には帰ります。ひどい場合だと、閉店30分前に店を閉めて帰る準備をしている屋台もあるくらいです(笑)

他には、『21時に中華料理屋で集合ね!』で21時に来る人はほとんどいません。10分後くらいにみんな集まります・・・時間にはかなりルーズですね。

このように短期留学でその国に行って、そこに住んでさらに現地の人と交流してみないと分からないことです。1週間では現地の事を細かく知ることは難しいですが、海外に出て外国人に慣れるという意味では十分です。

2つめ:いろいろな国の生徒との交流

英語が第一言語ではない世界中の国から生徒が集まってきます。

私がマレーシアの語学学校に行っていたときは、中東系、タイ人、ベトナム人、バングラデシュ人、パキスタン人、中国人、韓国人などなどいろいろな人種の友達ができました。例えば・・・

・毎回ご飯をおごってくれる石油王っぽいドバイ出身の友達
イラク出身で戦争についていろいろ話してくれた友達
イスラム教について 1 から教えてくれたサウジアラビア人・・・などなど

日本で行こうかどうかいつまっでも迷って、なかなか一歩が踏み出せない人は一生出会えません。4年目の今でも昨日のことのように覚えている本当に貴重な経験でした。

3つめ:おもしろい日本人と出会えるかも!?

わざわざ留学しに来たんだから日本人とはカラみたくない!っていう人が多いと思います。私もそれも同意します。たった1週間しかないのに、日本人との交流こそ時間の無駄になるでしょっていう人がほとんどだと思います。

だからこそ・・・誰と交流するかを選べ!!!

留学している子の中には旅行がてら語学学校もついでに行っておこうなんていう人もいます。

ですが中には・・・

・世界中を貧乏旅行している人
・夜中に黒人に脅されたことがある人 (わたし笑)
・電車だけを使っていろんな国に行っている人
・すごいでかい夢に突っ走ている人・・・など

めちゃくちゃ面白い人生を歩んでいる人と出会えるチャンスでもあります。こういう人も外国人との交流と同じくらい大切です。留学で出会える日本人は、あなたと住んでいるところも違えば、年齢も違います。

こういうあなたの知らないことを知っている人との交流は、あなたの視野を広げることにもつながります。たまに意気投合して、日本でも会うようになるくらい長い付き合いになることもあります。そこでまた情報交換して、あなたの視野を広げる手伝いをしてくれるかもしれません。

普段の日本の生活でこういう面白い人に出会えますか?
可能性はかなり少ないです。

1週間の短期留学でこの2つを習得して!

1周間の短期留学で英語をマスターすることはできませんし、いきなり英語が日本語のようにわかるようになりませんが、1週間でもあなたが習得できるものはあるんです。

むしろ、これだけ習得できれば、留学費を生きたお金にすることができます。

①英語で話す抵抗を無くす。

私もそうでしたが、初めは英語で誰かと話すことってすごい怖いですよね・・・

『英語通じなかったらどうしよう。』『発音違ってたらどうしよう。』『文法間違っていたらどうしよう。』『会話の途中で単語が分からなくなったらどうしよう。』

などと思って英語で話すことに抵抗のある人が多いと思います。

ですが、短期留学でこの英語使って話すことに対する抵抗感を少しでも減らすことは可能です。

その方法は・・・
【とにかくできるだけの多くの生徒や先生と話す。】

すると、気づいちゃうんですよ。
【自分の英語って思ったより通じるじゃん!】って絶対思います。

これが実は重要なんです。こういう自信が積み重なって英語を話すことに対する抵抗感をなくしていきます。

②英語はただのコミュニケーション道具

日本人の多くが英語=ネイティブ発音しなきゃ!といった変なイメージを持っていると思いますが・・・その考えを捨てましょう。

英語はただの言葉です。

実際に短期留学では、このことに気が付くことが大切なんです。
言葉は相手とコミュニーケーションをとるただの道具です。なので、相手があなたの話した英語を理解してくれたならそれでOKなのです。
当たり前ですが、話さなきゃ伝わらないんです。なので、たくさん英語を使って慣れましょう。

残念ながら、1週間の短期留学では発音を劇的に良くすることもできません。

ですがここで朗報!
世界で英語を話す人のほとんどはネイティブではありません。実は第二言語として英語を使っている人の方が、ネイティブより多いのです。なので、必要以上にネイティブというものにこだわる必要はありません。

短期留学で
『英語ってただのコミュニケーションツールじゃん。』
って感じてくれれば、この留学はあなたの人生において大きな財産となります。

行動しないと未来のあなたの変化は “ゼロ”

ここまで読んでくれたあなたは、きっと本気で留学したい人なのだと思います。なので、あなたにはぜひ留学を経験してもらいたいです。

一般的には『1週間の短期留学なんて意味がない』『時間とお金の無駄』などと言われますが、留学の力は絶大です。なんでもそうですが、悩み続けるよりも『まず、とりあえずやってみよう!』と飛び込んでみることが大切です。時には勢いで決めないと、やらない理由を探し始めたり、いろいろな事を考えてしまい今までのように留学をあきらめてしまいます。

今までいろいろ考えた結果、あなたは行動に移せしたか?

きっと、時間とともに考える回数も減っていき、何も行動せずに終わってしまうことが多かったのではないですか?
人間は弱い生き物です、基本的には怠け者です。

なんでも熱量が多いときに行動するべきです。

今回は本気だというあなたは、まず行動にうつしましょう → 短期留学の相談をしてみる