【マレーシア大学留学】費用や学費は安いの?徹底比較~マレーシア大学留学驚きの安さ~

【マレーシア大学留学】費用や学費は安いの?徹底比較~マレーシア大学留学驚きの安さ~

こんにちは。普段は全く飲まないのですが、ワールドカップの日本V.Sコロンビア戦を友達と見て夜ふかししたせいか、体調が悪いトムヤムクンです。

今までの記事ではトムヤムクンは、基本的には留学に対しては中立的な立場で書いているつもりです。というのも、ゴリゴリに留学しようよ!するぞっ!みたいなノリではこのブログを運営していません。

楽しいことももちろんあるけど、その分つらいことたくさんあるよ!っていうスタンスでこのブログを掲載してます。なので、基本はいい点についてのブログの次は、良くない点についても話そうかなと思っています。
事実、私は留学エージェントを使ってマレーシアに来たのですが、エージェントの方は良いことばかりしか言わなかったので、、、とまぁ、詳しいことはまた別の機会に。

前置きが長くなりましたが、今回は学費と生活費について書いていきます。ネット上で少し調べてみたのですが、、、まぁひどいですね。

生活費に関してはこの人住んだことないんだろうなぁと思うものもありました。なので、実際に学費を納めている僕の授業料の詳細や、住んでいる私の感覚でいくらくらいほしいのか、などのマレーシアの留学費用についてまとめています。

他の国と比較してほんとに安いの?

マレーシアに大学留学について調べてみようと思ったきっかけのほとんどは、学費の安さや、物価の安さによる1か月の生活費を抑えられるといった点がだと思います。さっそくなので、以下にまとめてみました。

日本(私立) 日本(国公立) マレーシア(私立) マレーシア(国立) アメリカ(私立) アメリカ(州立)
大学 平均参考 平均参考 UCSI大学 Maiaya大学 平均参考 平均参考
学費(1年) 約120万 約57万円 約57万円MYR(57,000) 約65万円(MYR21,800) 約320万(USD31,900) 約110万(USD10,000)
生活費(1年) 約120万 約120万 約80万 約80万 約150万 約150万
合計(卒業まで) 約960万円(4年) 約710万円(4年) 約410万円 (3年) 約440万円 (3年) 約1900万円(4年) 約1050万円(4年)

※1RM=30円、1ドル=110円計算

アメリカについては国自体が大きく、また週ごとに生活費や授業料は大きく違うのでこの値段とは言い切れませんがいろいろ調べてみてこれくらいなのかなというので書いていますので、アメリカについてはあくまで参考程度でとらえていただけるといいと思います。これよりたかいところがほとんどだと思います。

日本の生活費ですが、これは平均値をもとにしています。

それではマレーシアについてです。1RM=30円に引っかかっている人はこの記事を読んでもらえると、私がなぜ30円で計算しているか理解できると思います。

UCSI大学の授業料の詳細

実際に今年の1月に支払ったお金です。個人情報の部分は消したつもりですが、もし載っていたら教えてください。。。(汗)

私の大学はマレーシア国内でも一番安い部類の大学になりますので、この授業料が最低ラインととらえてもらうといいと思います。

※入学の際には入学費やビザ申請&登録料など、その他もろもろかかるので、大学のホームページで調べたり、直接メールしてみるといいと思います。

tuition feeというのが授業料になります。基本的には1教科はRM1,500なので、約45,000円くらいでしょうか。

なので1学期あたり、

授業料は225,000円(5教科分)+施設維持費等のお金(RM450≒13,500)≒24万円

が必要になってきます。

マレーシアの大学では、留学生必修の科目があります。
『マレーシア語と、マレーシアの歴史、マレーシアの法律』
が必修になりますが、学費は気持ち安いです。なのでその科目をとる際の学期は普段よりは少し安くなりますが、両親に嘘をついて多く送ってもらう等の行動はよしましょうね(笑)

マレーシアの生活費

基本的には、うちの大学では友達とシェアするのが一般的です。日本のように1Kの部屋は無くて、3DKの部屋ばかりなのでシェアするのがいいと思います。
うちの大学に限れば日本人は3人ほどしかいないので、日本人と仲良く快適な住まい!みたいなものは無いです。知らない国の人と住むことがほとんどです。

私は、リビア人、エジプト人、インドネシア人、タイ人、モーリシャス人、中国人、韓国人、パキスタン人、カタール人と住んだことがあります。

もちろん、夜中に音楽ガンガン鳴らす人もいましたし、けっこうストレスがたまることもありますが、留学してんなぁ~と実感します(笑)

それでは、私のリアルな生活費について書いていきます。僕の場合は生活費は月によって上下が激しいですが、その上下の理由は交際費です。
基本、中心地に出向いてショッピングしたり、飲みに出かけることはあまり好きではなくて、インドアなので予定がかさむと交際費が高くなります。

  • 部屋 RM500(約15,000円)
  • ご飯 RM600(約18,000円)
  • 光熱費 RM160(約5,000円)
  • ネット RM60 (約2,000円)
  • ジム RM130(約4,000円)
  • コート代(ドッジボール)RM60(約200円)
  • 交際費 RM500 (約15,000円)

住む場所や何を食べるか、自炊するかどうかで値段の上下はすると思います。私の住んでいる場所はかなりローカルな場所にあるのですが、交通の便がいいためか最近では部屋代が高くなっている気がします。
基本的に、私は自炊をしていますが、三食外食となると、1日約1200円かかったりするかも。仮に三食外食で、1日1,200円かかったとすると、トータルは約7万円かからないくらいですかね。

一食100円~300円!!!というのをよく見かけますが、何年もマレーシアに住む予定で、真日その食事はしようとは思わないほうがいいと思います。

実際に、『安い!』とは言ってもコッテコテな炭水化物です。気づいたら太ってたなんてこともあるので、私は自炊をすることを勧めます。正直、何年も住んでいると飽きます。毎日の悩みの種が『今日、何食べよう』なんてこともありました。

以前に投稿したNSKというドローカルなスーパー(←ドローカルスーパーの記事に飛びます。)で1週間に一度、豚肉を2キロくらいを1200円くらいで買っています。
ご飯は外でタイ米が茶碗一杯60円、野菜もそんなに高くないです。なので1か月にRM600あれば、私の場合は十分なのかなと。

ひと月の電気代は部屋ごとで均等に分割するので、自分が少なく使おうが、たくさん使おうが僕の住んでいるユニットに関して言えば、個人の努力では電気代は変わりません。
水道代ですが一人200円もしませんし、ガスはタンクで買うのでひと月いくらとは言えないのですが、タンクひとつ約1000円です(約3か月に一回程度で交換)。

交際費は人によるので、これより多くても少なくてもいいと思います。

まとめ

以上が僕の大学に来た時のだいたいの必要なお金になります。あなたが思っていたよりも高かったでしょうか?それとも安かったでしょうか?

もちろん、他の生徒や、他の大学の日本人の生徒がどれだけ使っているかはわかりませんが、これが1か月に私にとっての必須なお金になります。
きっと、中心地に行けば行くほど高くなっていくと思いますが、日本の平均仕送りほどあれば確実に足りるとは思います。

参考になればうれしいです。

 

個人的に私に留学相談したい人はこちらからお申し込みください。ライン電話、またはメールにて留学相談にのります。